症例記事-神経痛

手の神経痛

当院で実際に行った施術(改善報告集)
当院の施術で改善することを知っていただきたいので症例の一部をご紹介します。

 

患者

50代 主婦、パート

 

来院

2017年2月から来院。1ヶ月集中的に術で治癒。

 

 ●症状

1.2カ月前から首から腕にかけてしびれやだるさが出現。最近になって症状が悪化し、握力も低下してきたため不安になり2/27に来院される。また4月に娘の結婚式があるのでそれまでに治したいと希望している。

 

 ●治療内容と経過

初診時、右手を使うとすぐ疲れる、常に痺れている状態で家事や仕事も思うように出来ない状態だった。検査では握力がR24Kg L31Kgと握力低下、脊椎の可動域の制限があり、首肩回りの柔軟性もないため、常に首や肩に負担がかかりやすい状態だと考えた。まず、脊椎・骨盤矯正を行い可動域をつけ、首肩回りのストレッチ、筋膜リリースを行い、首からの神経を狙って特殊電気を行った。

3回施術で脊椎の可動域の改善、筋緊張が緩和された。PS10(1番痛いときを10とすると)→8に軽減する。体も動きやすくなった。

5回施術後(11日後)波はあるが痛み、しびれが気にならない時がでてきた。
10回施術後(16日後)握力の左右差が無くなった。
14回施術後(1ヶ月後)全く痛み、しびれは気にならなくなった。

 

 ●考察

手の神経痛は症状が悪化すると最悪麻痺になり手術の必要が出てくる。特にしびれや握力低下、感覚異常は注意が必要である。だるさ、しびれなどが出現してから1~2週間で改善されない場合は、握力低下や感覚異常、麻痺になる可能性があるため、早期の専門医の受診をおすすめします。今回の症例は、握力低下まで見られたが指導通り1ヶ月集中して通院して頂き、自宅でもストレッチを毎日していただいたことにより改善につながった。

 

患者様の喜びの声

1.2カ月悩まされた首から腕のしびれが改善

[50代 女性]

 

腕のしびれ、だるさ

 

2ヶ月前から肩から指先まで痺れと痛みで辛くずっと擦ったり揉んだりしてましたが娘に薦められてこちらにお世話になりました、集中して通院したところ痛みや痺れを忘れる日が多くなり先生方には感謝申し上げます。和やかな雰囲気も気持ちの面で救われた気がします。ありがとうございました。

 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

 

スポーツのケガや腰痛でお困りの方はこちら⇒症例対応一覧

津市 おざき鍼灸接骨院|ご予約・お問い合わせ